眼帯SPRING

こんばんは。Art Space Bar Buenaにて、

店番中のアヤです。

 

最近眼帯をする機会があったのですが、

街行く人々から時折投げ掛けられる

「この人には一体何があったのか。はたまた、

ただ単に何かに憧れているだけなのかしら」風の視線が痛かったです。

過ぎ行く人よ、もう会うこともないであろう他人の人生を

必要以上に気にすることなく、どうか具体的に楽しく生きてください。

だって、朗らかで暖かい季節がやって来たのだから!ついに!

 

 

先日、お休みをいただいて旅に出ました。

自分の感じたことを文字にして周りに伝えることは、

なんとなく違うなとずっと思っていました。

けれど、ある方の蒸留所を巡る旅の記しを読んで少し考えが変わりました。

 

たった140文字。

その人の宇宙から見えるもの、触れるもの、

全部その中に閉じ込めてあって、私の心はドキドキしました。

ああ、文章ってすごいんだなと何年かぶりに思いました。

 

そして、我らの宮下オーナーが以前

「辛い時とか、何にもないように思える時には

日記を書くといいよ」と教えてくださいました。

まったく、いつだって素敵なことを言う方です。

 

いろんな想いが胸にあっても、

上手く言葉にならないからと

ずっと思っていましたが、

今年の春は逃げずに軽やかに

文字にしてみようかと考えています。

旅のことも、いつか。

 

————————————————————–

 

Buenaで開催中のShinjuku Art Fesは4/13土曜日までです。

春の夜をお散歩をしながら、大久保に是非いらしてくださいね。

 

 

 

アヤ

 

 

 

 

 

 

Share This

About the author