Hallucinations 11/18

Hallucinations
11/18
Open / Start  19:00 / 20:00
1500円+1ドリンク
出演:
・Kio Griffith
・諏訪望 (16mm Film) + 遠藤隆太 (Guitar)
・手塚敦嗣 (Video) + straytone (Modular Synth)



Kio Griffith ( キオ・グリフィス) From Los Angels

ヴィジュアル /サウンド・アーティスト/キュレーター /ライター。鎌倉生まれ。ロサンゼルスを拠点にロンドン、パリ、ドイツ、アメリカ、香港、韓国、中国、ベルギー、トルコ、と日本の各地で、現代美術、デザイン、前衛ジャズ、実験音楽の企画・展示を無数に手掛け、作家 •パフォーマーとして様々なヨーロッパ、アジアのビエンナーレ、美術館、ライブスペースでのミュージシャン、ダンサーとの共演、キュレーション、独自のインスタレーションを発表してきた。デザイナーとしてもアルバムジャケットの制作で300枚以上手掛けている。 TYPEプロジェクト・ディレクター、 ARTRA Curatorialのキュレーター・企画ディレクター、Fabrik、 Artillery誌の手掛けて編集部兼ライター、 Angel City Jazz Festivalのアートディレクター , など幅広く活動している。


<主な展示/公演 >

2015 年

“Body Electric” エアジン (横浜)

“Sounding The Space Tour” アーバン・ギルド (京都)

“Sounding The Space Tour” ルネス・ホール (岡山)

“Sounding The Space Tour” カラコロ工房 (松江)

“Sounding The Space Tour” 大倉山記念館 (横浜)

“Water Works” ランカスター・ミュージアム (ランカスター・カリフォルニア)

“Uncanny” ミュージアム (ロサンゼルス)

“Phlogiston” スプリット・ミュージアム (クロアチア)

“Ghostly Signs / Existential Bodies” ゼール・プロジェクツ (イスタンブール)

“From The Barricades” クロイツバーグ・パビリオン (ベルリン)

“From The Barricades” フリーズミュージアム(ベルリン)

“Murmurs and Intrusions” ダーデンアンドレイ (ロサンゼルス)

“Xinla Bansho森羅万象” ポール・ロヤ・ギャラリー (ロサンゼルス)

“Dowsing To Douse” Joshua Treenial インテグラトロン (ランダーズ・カリフォルニア)

“Blue Nova” ボックス・オー・プロジェクツ (ジョシュア・ツリー)

“珊瑚海” 六本木605画廊 (東京)

”Parabola” 富小路画廊 (京都)

“Parachute” 京都アウトレットセンター(京都)

“Paradigms” 京都アウトレットセンター(京都)

 

2014 年

” i:23 ” 横浜トリエンナーレ2014応援企画

“Information and Evidence” フラートン•ミュージアム(サンベルナーディノ)

“Exchange Rates” ノルテ•マー (ニューヨーク)

“Lost In Translation” 広州美術館

“Reverb” トーランス美術館 (ロサンゼルス)

“Project LALO” プロジェクト•ナンバー / スタジオ1:1 (ロンドン)

 

2013 年

” A Marginal Revolution ” クアードギャラリー(イスタンブール)

“24Flat6B” ADCコンテンポラリー (ロサンゼルス)

”Art HK” 香港インターナショナルアートフェア

“Remember The Days Of Being Wild” ムーンギャラリー (香港)

“Mexicali Biennial” ヴィンセント•プライス•アート•ミュージアム (ロサンゼルス)

 

2012 年

” Derriere le Rideau ” マティルド •ハッツエンバーグ•ギャラリー(ブユッセル)

“All In For The 99%” エース•ギャラリー (ロサンゼルス)

“Car Ride Is A Musical Score” ナイト•ギャラリー (ロサンゼルス)

” Oracle & Enigma ” カウンター•パルス (サンフランシスコ)

 

2011 年

” Catalyst ” ディアヴォロ •スペース(ロサンゼルス)

” Home on La Grange ” ハウス• ギャラリー(ロサンゼルス)

“SunSpot” ADCコンテンポラリー (ロサンゼルス)

“Seeing Through The Eyes Of Mona Lisa” アリーナ•1•ギャラリー(ロサンゼルス)

 

2010 年

” Sonar Eclipse ” ADCコンテンポラリー (ロサンゼルス)

” Oracle & Enigma ” ハイウェイズ •パフォーマンス •スペース (ロサンゼルス)

” Aftershock L.A ” ロイヤルT (ロサンゼルス)

” Yoshitake Expe ” ロイヤルT (ロサンゼルス)

 

www.kiogriffith.com

www.9rpm.com

 


 

諏訪望:

愛知県生まれ。彫刻家の下で美術を学んだ後に渡米し、ニューヨークの美術大学で映画を学ぶ。ブルックリンのアーティスト、Michael Ballouらと共に、1996年から月1回のペースでイベント「Four Walls Film & Slide Club」を開催し、16ミリフィルム作品の上映を続けた。音楽家、写真家、演出家や舞踊家などと広く親交を結び、2000年に帰国した後も東京を中心に作品制作を続けている。


手塚敦嗣:

1969年長野県松本市出身

映像制作、グラフィックデザインを生業とする。

2013年より、カフェ・ギャラリーTETOKAのディレクターをつとめる。

都内の様々なクラブでVJをつとめ、

United Future Organization. Chari Chari. Small circle of friends

沖野修也、sleep walker、ブッダブランド、ニトロマイクロフォンアンダーグラウンド、

などのPV制作や園子温、映画タイトルデザインをおこなう。

現在、不定期で青山ZEROにてDJ松浦俊夫氏のパーティー、ワンハンドレッドにてVJをつとめる。

今回はオリジナルアブストラクト映像をVJスタイルで発表いたします。



Straytone:

モジュラー・シンセサイザーの自律演奏を即興的に制御、または自律演奏の仕組み自体を即興的に組み替えて演奏を行う。
http://straytone.tumblr.com

 


 

遠藤隆太朗:

遠藤隆太朗は東京を中心に活動するギタリスト。実験音楽シーンに身を置きながらもジャズやブルース等の伝統的なギターの演奏方法を使い音楽を作り、音楽だけでなく詩人、パフォーマー、ヴィデオアーティストなど幅広いジャンルのアーティストとの共演を重ねる。

https://twitter.com/endoryutaro

Share This

About the author