5/17(thu) Filament#6 – Clara venice来日公演

Filament #6 – Clara venice来日公演
5/17(木)
OPEN/START 19:00/19:30
ART SPACE BAR BUENA
1500円+1d


出演者紹介

Clara venice(from Toronto)
https://claravenice.com/

「カナダのテルミンスター」と評されるクララ・ベニスは、テルミン、電子ギター、シンセサイザー、ギター、ウクレレ、グロッケンなどの様々な楽器を操り、不思議な美しさを漂わせたドリームポップの世界を表現する。

21世紀のポッププリンセスや原宿スペースガールをイメージしたクララのファッションは、彼女の音楽によりドリームな世界観を与え、観客を不思議な世界へと誘う。

クララの魅力的なライブパフォーマンスは常に進化を続ける。Diana Lynn VanderMeulenの生みだした二次元バンドは彼女のパフォーマンスを支える。2018年には、世界で初めてLED Twitter シューズをステージで着用し、多くの観客が彼女の足元の写真をツイートし、大盛況を収めた。その「Twitkickerz」と呼ばれる靴はDavid Coxの協力で作られた。

クララは世界中でパフォーマンスを披露している。Violent Femmes、Rough Trade、Carole Popeなどのステージを経験し、2018年4月には、オンタリオ美術館で開催された草間彌生の展覧会「Infinity Mirrors」と合同パフォーマンスを行った。2014年には、Barenaked Ladiesのカナダ横断ツアーに参加し、これまでTIFF、TEDx、The One Man Band Festival、World on the Street、NXNE、IngenuityFest (US)、Beakerheadなどの国際的な場で、彼女にしか作れない世界観を披露する。また、Collision Course、Birdlandなど、映画やテレビ音楽として起用されている。

トロントのCreators’ Lounge(http://www.creatorsloungetoronto.com/)の所属アーティスト。

Pop singer, songwriter, multi-instrumentalist and romantic — Clara Venice wears her art on her sleeve. She is one of the only people in the world who plays the Theremin as a proper instrument, which adds an emotional and haunting diversity to her music. Her mesmerizing visual style – part Harujuku girl, part 21st century pop princess – draws listeners into her playful and melodic dream world.

After joining the Barenaked Ladies on their Cross-Canada tour in early 2014, Clara Venice was named Artist in Residency at the National Music Centre (Calgary) where she began recording her sophomore EP “Electric Dream” released in October 2015. Her debut EP Love Riddle was co-produced by Kevin Hearn (Barenaked Ladies, Lou Reed, Rheostatics) and mixed by Dave Ogilvie (Nine Inch Nails, Skinny Puppy, Carly Rae Jepsen)


ミクロミカ
https://www.mikuromika.com/

ミクロミカは原宿のファションにインスパイアされ『ファッション×音楽』のコンセプトのもと現在カナダにて活動中のシンガーソングライター。
ファッション面でも注目を集め、日本のファッションブランド【SPINS】ファッションモデルコンテスト準優勝。

日本以外にもタイのファッションマガジンに自身のファッションが取り上げられる等幅広い分野で活動している。
単身渡ったニューヨークでは、NYで最も有名なコンサートホール【カーネギーホール】でホイットニー・ヒューストンの母シシー・ヒューストンのバックでゴスペルクワイヤとして努めた他、北アメリカ最大のアニメコンベンション【Anime North】にゲスト出演。

世界的メディア【VICE】に活動が取り上げられる等、世界をまたにかけるJ-POPシンガーである。
2015年彼女自身が癌になったこと(現在は完治)をきっかけに【海外で出逢った人たちと1枚のアルバムを完成させる。】という新たな挑戦を試み活動を海外に移す。

MIKURO MIKA is a singer-songwriter based in North America by using her personal concept of Japanese FASHION×MUSIC.In 2013, through her unit called “3cro Adventure!!” (pronounced as MIKURO ADVENTURE!!) she continued on as a solo artist as MIKURO MIKA.In the same year, she was a back up singer for Korean pop artist named FAT CAT for a debut single titled “Make up.”MIKURO MIKA also attracted attention in Harajuku-style fashion industry.
In 2012, Japanese Fashion Brand “SPINS” held a fashion contest where Kyary Pamyu Pamyu made an appearance. MIKURO MIKA was voted as second runner-up in the gran-prix.Her fashion did not just stay in Japan. Thailand fashion magazine “HAIR TREND+Plus” scouted her fashion and she ended up in their magazine.
In 2015, she was diagnosed cancer in her stomach and immediately got treatment. Following that ordeal, she decided to go other countries to share her music and message and left Japan.In New York, she performed on stage at Carnegie Hall as a back up choir member for Cissy Houston.In Canada, she performed at Toronto’s largest Anime convention “Anime North,” as a guest singer and Japan Festival Canada.VICE CANADA saw her life’s challenge and her life outside of Japan. She was interviewed by VICE CANADA as a daily VICE episode.

She has particularly attracted a lot of attention from all over the world. Right now, MIKURO MIKA is a J-POP artist originating abroad and she attracts big crowds at events.


Akane Shibasaki
http://purre-goohn.com/akane-shibasaki/

ウィスパーボイス宅録アーティスト、10歳でギターを弾き始め、16歳で宅録を、17歳でライブ活動を開始する。
オリジナルチューニングを織り交ぜたギターと唯一無二のウィスパーヴォイスでライブ活動中。
2017年6月デビューEP「Tropic」をPURRE GOOHNからリリース。


Kyohei Hayashi
https://soundcloud.com/kyoheihayashi

2009年までロンドンを拠点に
音楽活動を続け、
帰国後もソロ活動含め
ミュージカルへの楽曲提供など
活動は多岐に渡る。

現在ではDay and Buffaloにてギター担当
o’shareにてボーカルとギターを務める。

Share This

About the author