10/12(日) Peak Tone#6 レーベル「邂逅」特集

kaico_logo2013年より東京にて始動した音楽レーベル。 巡り会い、思いがけない出会いという意味である“邂逅”という言葉をコンセプトに、未だ聴いた事のない未知の音楽との“邂逅”を目指し、新しい世代の音楽家を中心としてコンスタントに世界へ向けて紹介していく。

Kaico was established in 2013 from Tokyo, Japan. We focus is to explore new ways of spreading music under the concept “kaico” meaning “unexpected discoveries” in Japan.

http://kaicojapan.tumblr.com/

10/12(日) Peak Tone#6
レーベル「邂逅」特集

Open 18:30/Start 19:00
1000円+1ドリンクオーダー

トークゲスト
Tomoki Takeuchi

ライブゲスト
wataru abe
冷泉

出演者

Tomoki Takeuchi
takeuchi
1989年 東京生まれ。

幼少より音楽に興味を持ち4歳からバイオリンを始める。PCとバイオリンを中心としたライブパフォーマンスで、I Hate This Place、i8u、bvdubの来日公演や12kの日本ツアーへの参加など様々なイベントに出演し国内外の音楽家と共演するほか、mergrim率いるTHE MERGRIM GROUPへのバイオリンでの参加をはじめ、バイオリン奏者としても様々な音楽家とのコラボレーションを重ねる。

クリエイターコミュニティArtLism.JPや瀬戸内国際芸術祭関連プログラムなどのデジタルリリースへの参加や、UK、日本で音源をリリースするほか、イベントオーガナイザーとしてもこれまでに江戸東京たてもの園や世田谷美術館での音響イベントなど、環境と音楽の共存をコンセプトに様々なイベントを行う。

2013年から音楽レーベル「邂逅 (kaico)」を主催。新しい世代の音楽家を数多く輩出し、次の時代へ向けた音楽の在り方を探る。

ライブゲスト

wataru abe
f3faaf5a1d91dfd24f0e10d85bf30567-522x700
阿部 渉
東京生まれ。
2002年渡米し、バークリー音楽大学(ボストン)にてクラシック~ジャズといった体系的な音楽知識・理論を学ぶと共に、Max/MSPをはじめとする音楽プログラミング言語での音楽表現に傾倒する。
2005年同校を卒業、帰国後は楽曲提供、CM音楽制作等幅広く活動。2006年、アンビエントポップなmurr*murr名義にて「Daydream」(Fenomeno.Inc)を、2008年には、フォーキー&トラッドなRuibyat名義にて「Theme of Love」(Turquoise)をリリース。2013年11月に邂逅よりリリースされた初のソロアルバム「Phenomena」では、それまで嗜好していたリリカルな旋律やAtmosphericな空気感といったリズム以外の音楽要素を極端に排除し、元々の音楽衝動の原点であるノイズ・グリッチ・ビートのみによる、硬質かつ高揚感あふれる世界観を作り出すことに成功している。
http://www.watarupop.com/

冷泉
reizen1
ドローンやノイズ、ミニマルを手法とした演奏、作品制作を行う。
2013年にフィンランドとスウェーデンのミュージック・クラブより招致を受けストックホルム(FYLKINGEN等)にて演奏する。
PSF Recrods(2012)、Fylkingen Records(2013) 等から作品をリリースしている。
http://reizen.jp

Share This