山本昌宏 (sax) 千葉広樹 (bass) DUO – 2014/6/29(sun)

masa-san山本昌宏 (sax) 千葉広樹 (bass) DUO

6.29 (SUN)
Music charge ¥1500+1drink

18:30 open
19:00 start(2set)

山本昌広(Alto and Soprano Sax)
Profile-pic-21-200x258
1980年、神戸生まれ。甲南中学入学と同時にアルトサックスを始める。17歳の時に、スチューデントジャズフェスティバルで神戸市長賞、個人賞獲得。甲 南大学卒業後、NYの New School University に進学、Jane Ira Bloom、George Garzone、Kirk Nurockに師事。現在ではRachel-Z (Grammy Winner)のバンドでBlue NoteやDizzy’s Club に出演。自己のバンドでもNYを中心に精力的に活動を行っている。近年ではギタリスト、Alvaro Vieitoのバンドで スペインでCDをリリースし、高い評価を得る。また韓国のIncheon Jazz Festival等にも出演。今までの共演ミュージシャンはGeorge Garzone, Sonny Fortune, Kevin Hays, Doug Weiss, Cyro Baptista, Ziv Ravitz, Tommy Crane, Becca Stevens,等。2011年7月から8年のNY生活を経て日本で活動中。

千葉広樹(Bass/Violin/Electronics)
chiba
1981年岩手県生まれ。Riddim Saunter等のバンド活動を経て2004年からジャズベーシストとして活動を始めJazz,Pops,Rock,Impro,Electronica,Hiphop等様々なシーンで活動中。現在は服部正嗣との「Kinetic」、市野元彦「rabbitoo」、南博Futuristic Future、伊藤匠「Daitokai」、大島輝之「弧回」、菊地雅晃2BassQuartet、市野元彦外山明との「Toy Boat」、類家心平「DADA」、大蔵雅彦宇波拓との「They Live」、「SSSUUUNNN」等々。
サポートでは「FilFla」、「蓮沼執太」、「木下美紗都」、「サンガツ」、「mmm」、「Riddim Saunter」、「Luis Nanook」、「Araki Shin」等々。
主なリリースは2008年にTelemetryからSAIDRUMとのコラボレーショントラック(mixはNUMB)を含むコントラバスソロアルバムをリリース。自身のレーベル「GNRTR」からソロ名義によるリリース、その他様々なアーティストの作品に参加している。2002年よりノイズ+テクノソロユニット「effective dose」としても活動中、様々なアーティストとのコラボレーションや、リミックス等も手掛ける。
FUJI ROCK FESTIVAL”2010にWhite Stageにて「Riddim Saunter」と、UKのバンド「Belle and Sebastian」にストリングスで参加。

Share This