3/23(日)~3/29(土) kyosuke takayasu 「冬夜巡旅ーとうやじゅんりょー」

dm_omote

kyosuke takayasu
アニメーション上映展示
「冬夜巡旅ーとうやじゅんりょー」

失うとは何か、得るとは何か、いのちとは何か。
みたまとは何か。
ときに傷付き、ときに失い、ときに抗い、ときに受け止める。
凍える冬に生き、凍える冬を生きる。
温かい春が訪れるために。

この冬が教えてくれた生きることと死ぬことと、巡り廻ること。

絵、音楽、映像、おはなし。自身の続けてきた表現方法を一つにまとめた短篇アニメーション集。
アニメーション上映の他、作中のイラストレーションや絵コンテなどの資料も展示。

kyosuke takayasu
1986年埼玉県所沢市出身。東京都三鷹市在住。
イラストレーターズ通信会員。
イラストレーターとして広告、雑貨、パッケージ等のイラストレーション、
デザインやお皿の絵付けや展示活動を行うほか、音楽や映像も制作。

音楽では、kysk名義で自主制作アルバム2枚を制作、BEMSTAR RECORDSから1stアルバムをリリース。
のちにkyosuke takayasu名義に変更し、zoo tapesからリリースされたオムニバスカセットアルバム「Captured Ambient」にも参加。
現在は、個人で細々と制作しながら、同時にオルタナティブ音響ユニットDENNIS DENIMSにも加入。

映像面では、学生時代から自身の楽曲と合わせた映像作品を制作。
DENNIS DENIMSの楽曲「MIAMI(long day mix)」のMVを制作。

http://kyosuke-takayasu.com/

■オープニングパーティー
3月23日(日)
アーティストトーク:with 磨知香菜子(19:30〜)
ライブ:kooreruongaku(20:45〜)

■クロージングパーティー
3月29日(土)
ライブ:Seiji Sanjo(guitar)+Hiroe Kurihara(singing bowl)(19:45〜)
    zmi(20:45〜)

磨知香菜子
“初めまして
この度は偶然の出会いを重ね、
高安さんと同時代に生まれた人間のひとりとして、
少しの間、隣に座らせて頂きます。
今回の個展を視ることは、
”高安恭介”という世界を旅するような感覚で居ます。
地図も目的地も明かされないものですが、
作品のひとつひとつが
行き先を垣間見せてくれるはず。”

女子美術大学卒業の後、カフェギャラリースタッフを経て、現在は自身の制作に励んでいる。

https://twitter.com/machi_kanako

kooreruongaku
2010年3月より北島卓弥のソロ名義として始まる。
メンバーに竹澤麻子、三木邦洋、中島龍一を迎え同年9月に現在の編成に。
男性ファルセットボイスと女性ウィスパーボイスの混声、台詞あり、ポエトリー・リーディングあり、1曲平均10分の常に展開して行くミュージカル的楽曲が特徴。
バンドサウンドを基調にしながらも演奏にiPadやTENORI-ONやサンプラーを用いたりと思い付いたことは試してみるスタイル。また、朗読のイベントにも参加し、夏目漱石『夢十夜』や宮沢賢治『注文の多い料理店』などを竹澤麻子の朗読に即興演奏を合わせるというパフォーマンスもしている。

http://blog.goo.ne.jp/kooreruongaku

Seiji Sanjo(guitar)+Hiroe Kurihara(singing bowl)
音響シーンや多数のアーティストとのセッションで活動する三條誠二(ギター)とスピリチュアルシーンで活動するの栗原 弘恵(シンギングボウル)の音響ユニット。
2013年12月、 大久保ART SPACE BAR BUENAにて初セッションライブ。
http://soundcloud.com/sunholixxx/seiji-sanjo-guitar-fx-hiroe
現在スタジオ音源制作中。

zmi
ピアノ、声を中心とした柔らかなサウンドを奏でる。これまでにCMや映画への楽曲提供など数々の作品を残す。また、音楽だけでなく写真や映像作品など、幅広い創作活動を行っている。
https://soundcloud.com/rie_yuizumi

Share This